2017年10月25日

12月朗読公演『リーディング パラ・シエンプレ』

朗読公演のお知らせ
design-3.png
2017年12月1日(金)〜3日(日 )師走初めの三日間、
『リーディング パラ・シエンプレ』と題して
石黒と徳永の二人が出会った三つのお話を読みます。
渋谷松濤の居心地のよいバーでグラスを傾けながら、朗読と音楽のひと時をお過ごしください。

◉出演
石黒亜実 徳永あおい
岩倉さと子(音楽)

◉日時(全5回)
2017年12月1日(金) 20時
12月2日(土) 15時/18時
12月3日(日) 13時/16時
受付・開場は開演時刻の30分前より
上演時間は約60分を予定しております。

◉料金
2,000円 (ワンドリンク付き)

◉チケット取り扱い(2017年10月25日より予約開始)
カルテットオンライン
https://www.quartet-online.net/ticket/parasie

◉会場
BAR BASE
渋谷区松濤2-14-12-1F
電話 03-3460-8666
http://shotobase.com
渋谷駅より徒歩15分、井の頭線神泉駅より徒歩3分。松濤美術館そば。

◉協力
黒川竹春 藤井のりひこ 鶴谷皇輔
posted by 石黒亜実 at 12:48| 東京 ☁| Comment(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

御礼 朗読劇『お國と五平』公演終了

BASEプロデュース公演 朗読劇『お國と五平』2017.6.15-17全5公演を終了しました。
ご来場いただきました皆様、まことにありがとうございました。

文豪 谷崎潤一郎の戯曲。これまでも舞台、映画、歌舞伎…と多数上演されている作品でもあり大きな期待を込めて取り組んでまいりました。
準備のために読んだ谷崎作品や作家谷崎を描いた作品・資料などを読むほどに、
大いなる才能に溢れ、その作品を成立させるために人生をかけた芸術家であると畏れを抱きました。

この『お國と五平』は、夫の敵討ちに家来の五平と共に旅を続けるお國の前に現れる謎の虚無僧との息詰まる攻防を描く議論劇。時代劇であり現代にも通づる普遍的なテーマがあり、人間の脆さ、生と性への執着による強さ危うさなどが浮き彫りになりながら一気に展開していくストーリー。
命のやり取りの中で本音を吐露する三人。あまりの赤裸々っぷりに会場からはくすくすと笑いが漏れるという…
観劇後の感想も好評で、お楽しみいただけたようで何よりでした。
すでに再演希望のお声も出て嬉しい限りです。

また佳い作品でお目にかかれますよう精進いたします!

少人数のカンパニーでしたので写真もあまり撮る間がなかったのですが、
オフショットを少しだけ…
DSC02120.jpg
演出の黒川竹春氏と五平役の小笠原佳秀氏はスリムでメガネで…暗がりでは見間違う。
DSC02121.jpg
その小笠原氏にちょいちょい隠し撮りされていた友之氶役の山本佳希氏
posted by 石黒亜実 at 20:48| 東京 ☔| Comment(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

御礼『忘れたい、忘れられない』公演終了

2017.1.18-1.25@渋谷BASE公演、2017.3.11-12@神戸西代 よしや公演、2017.3.18@熱海 海福寺公演、
全ての公演を無事に終えることができました。
ご来場いただいた皆様、応援をしていただいた皆様に厚く御礼申し上げます。
誠にありがとうございました。

省みると、9月に企画をいただき、10月にチラシの撮影、12・1月稽古・BASE編の上演、3月稽古・よしや編の上演、続けて稽古・海福寺編の上演…と半年ほど、この作品に関わって参りましたので「公演終了」の実感がなく、また次の上演へ向けた稽古がすぐ始まるのではないか?と思っているフシがあります。

キャスト3名、演出部3名、制作1名とコンパクトな座組(作者と宣伝撮影者含めても10名足らず)
公演が決まると、なぜか映像他の仕事も忙しくなるという「舞台あるある」で稽古スケジュールがタイトになってしまう中で仕上げた作品でした。

当初は、この他にも多数の場所(広島や東北など)での公演が企画されていてとても楽しみだったので、
いつの日かそちらにも作品を持って行けたらと願っています。

おまけで、神戸公演と熱海公演のオフショットを少し。
【神戸編】
DSC00892.jpg
会場の「よしや」さんは関東煮(かんとだき)の美味しい酒処。
DSC00897.jpg
閉店後の深夜に照明などの仕込みをさせていただいて公演仕様に。
DSC00901.jpg
新長田駅近くにある「鉄人28号」は化粧直ししたばかりでピカピカ。
震災から22年目の街を見守っていた。
DSC00907.jpg
お店の事務所&応接スペースを楽屋に使わせてもらって準備体操?
何しろ少人数のカンパニーなので、本番中の写真は誰も撮れず…
DSC00910.jpg
2日間の公演を終えて打ち上げへ向かう面々…眠そう?
一夜明け、
神戸の街が一望できる市役所の展望室へ
DSC00932.jpg
クイーンエリザベス号が寄港中で、神戸っ子が気さくに説明してくださる。
そういえば、
DSC00935.jpg
神戸が舞台の朝ドラ、もうすぐフィナーレですね。

【熱海(伊豆多賀)編】
DSC01098.jpg
伊豆多賀駅から転げ落ちそうな坂を下りて海岸へ
DSC01105.jpg
海福寺境内の掲示板に『忘れたい、忘れられない』のポスターが!
DSC01109.jpg
本堂が舞台となります。
DSC01114.jpg
本堂からの眺め。立派な二本杉と伊豆の海が見えます。
DSC01116.jpg
色々なお道具を拝借しての公演リハーサル風景。
一回きりの本番を終えて、打ち上げた翌朝
DSC01135.jpg
朝日を浴びて輝く海岸を散策。
DSC01156.jpg
さと子さんとコーヒーブレイクしてから帰路へ。

長いようであっという間の公演でした。
88127197-9E4F-47A7-A499-6B2AB75D15AB.jpg
また、佳い作品でお目にかかれますよう精進いたします。




posted by 石黒亜実 at 11:47| 東京 ☀| Comment(0) | 舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。